農園主 近畿
北海道・東北  | 関東  | 信越  | 中部  | 近畿  | 中国・四国  | 九州
  • 勧修寺 林亀葡萄園

    ・ぶどう園名  勧修寺 林亀葡萄園
    ・ぶどう生産者名  林 茂樹
    ・生産地  京都府

  • 葡萄とは、と尋ねると 皆さんそろって人生そのもの!と答えが返って来ました勧修寺林亀葡萄園さん。
    美味しいぶどう作りを追い求め勉強勉強の日々、たどり着いた答えは【健康な土作り!】 
    土が健康ならば、そこで育ったぶどうの木も健康です。
    健康である故に 良質なぶどうができます。
    この基本を元に 多種類のぶどうをご紹介していただきます。 
    その中でも 8月初旬に収穫できるヒスイ(グリーンモース)が幻の逸品 収穫量が少ないだけに大変貴重な葡萄です お楽しみに!

  • Fruit Farm Takemoto

    ・ぶどう園名  Fruit Farm Takemoto
    ・ぶどう生産者名  竹本憲司
    ・生産地  奈良県

  • 先代からの柿と梨の栽培に加え、1974年からぶどうの王様『巨峰』を取り入れたのが葡萄との付きあいの始まり。
    園主が葡萄は『手のかかる 一番の子供』言うくらい葡萄に力を入れる。除草剤を一切使わない、草生栽培。
    また最低限の農薬しか使わない減農薬栽培に努め、奈良県認定のエコファーマーに登録されています。
    そして土作りにこだわり化成肥料は一切使用しない自家配合の有機肥料を使用!! 『味の濃厚さが当園のぶどうの特徴です♪』と、夫婦共に言ってくださいました。
    『ぶどうは全て種あり!』自然な栽培!種ありぶどうにこだわり現在約30種類のぶどうを栽培されてます。

  • 城出ぶどう園

    ・ぶどう園名  城出ぶどう園
    ・ぶどう生産者名  城出佳信
    ・生産地  三重県

  • ぶどうを作り始めて40年以上、栽培方法も何も確立されていない頃から試行錯誤で、いち早く巨峰に取り組んできました。減農薬での栽培はもちろん、『安心できる味』をお届けする事が信条。
    『遠回りかも知れないが策を練るより本道を進んで生きたい!!』と園主が語ってくれた。
    城出ぶどう園さんは、約30種類のぶどうを栽培されていて下小波田村の葡萄直売所の銀座☆の1,2を争う!
    行列の出来る葡萄屋さんとして地元でも有名だ!

  • 池田ぶどう農園

    ・ぶどう園名  池田ぶどう農園
    ・ぶどう生産者名  池田 頼彦
    ・生産者  和歌山県

  • 三世代に渡りぶどう生産にこだわる池田ぶどう農園!
    新品種の育成に全精力を傾け、現代作っているぶどうの品質向上に努力を欠かさない、本当にぶどうが好きな生産者の1人です。
    中でもこのホームページで紹介されているマスカットデュークアモーレは逸品です。
    まだまだ収穫量も少ないですが、楽しみしていて下さいとの事です。

  • 小林農園

    ・ぶどう園名  小林農園
    ・ぶどう生産者名  小林文雄
    ・生産地  和歌山県

  • 葡萄栽培をはじめて約50数年!先代から受継いで今の園主で2代目!
    『美味しい葡萄を作りたい』という想いから、土作りにこだわり。
    自園の隅に自作堆肥置場を作り最低でも3年長い時では5年もの間寝かす。
    その堆肥を葡萄の樹の大きさに合わして適正な量を投入すると言うこだわりである。
    農産物の直売というのは結果が即見える商売!
    『品質が一番大事』 と言う園主の一言の重さを感じました。

  • 小野田ぶどう園

    ・ぶどう園名  小野田ぶどう園
    ・ぶどう生産者名  小野田芳弘
    ・生産地  三重県

  • ぶどうを作り始めて 早40年!
    我が子を育てる様に時には厳しく時には優しくまた時には励まされ、目一杯の愛情と情熱をぶどうに!!
    だから今の小野田ぶどう園がある!と確信しています。
    また、常にお客様に満足していただける為に『外観・品質・安心』を全て、自身が納得するまで妥協せず、お客様に喜んで頂けるぶどうを作り続けて来ました。
    またこれからも珍しい新品種、高級な新品種への挑戦を忘れる事なくぶどう作りをしていきます。
    ※下小波田村は葡萄直売所の銀座☆ その中でも1,2を争う人気店です。